GOD EATER 3(ゴッドイーター3)

WORLD

灰域内を航行する「キャラバン」

灰域が拡大していく中、各ミナトは物資輸送および情報伝達の手段を得るため、灰域の中を渡航可能な移動要塞の一群、
通称「キャラバン」の建造が早急に進めた。
灰域によりほぼ全てのインフラが失われたGE3の世界においては、キャラバンが人類唯一のライフラインとなっている。移動要塞一隻一隻は「灰域踏破船」と呼ばれ、キャラバンの母艦となる船はホームであるミナトの名前を冠するのが通例である。

灰域踏破船は灰域からの捕喰を抑制する
「対アラガミ装甲壁」
に覆われている。

また、「感応レーダー」と呼ばれる装置を搭載することによって近隣の灰域濃度の感知、およびアラガミの位置情報を獲得することができるが、その性能はレーダーを運用するゴッドイーターの資質によって大きく左右される。

キャラバンとの邂逅

ミナト「ペニーウォート」所属のAGEである主人公は、幼馴染のユウゴらと共に日々過酷な任務を遂行しながら
何とか命をつないでいた。

ある日、任務に出撃していた最中、ペニーウォート周辺にて灰域の活性化現象「灰嵐」が発生、
ミナトは消失の危機に陥る。
ミナトに取り残された仲間たちを救う手立ても無く焦る主人公たちだったが、突如あるキャラバンから通信が入り、
アラガミの討伐依頼が持ちかけられる。

この依頼を受けたことで主人公たちの運命は大きく動き始める。


キャラバンとの邂逅

主人公たちの前に現れたキャラバンの灰域踏破船であり、
ミナト「クリサンセマム」の母船。

主として中規模の貨物の輸送業務を請負い、
灰域内での高速移動能力に優れているが、
同時に軽量化のため兵装は最小限に抑えられているため
船本体の戦闘能力は皆無に等しい。

  • Back to World Top
  • Back to Top
TOP